Monthly Archives: 2月 2021

最近ラウムハウスの狭小住宅では「天空率」を使って設計する事例が増えてきました。

天空率は道路斜線などを緩和するための処置ですが、

前面道路が狭く敷地も狭い場合で3階建ての住宅を建てる場合など使用すると、

建物空間や床面積が有効に使えます。

具体的な例で言うと、

狭小地に建ぺい率いっぱに建物を計画する際、「道路斜線」の制限で、

3階部分の部屋を小さくしたり、天井を低くしたりしなければいけない時に、

この「天空率」を計算して緩和を受けることで、

床面積を広くしたり天井を高くしたりすることが可能になるケースがあります。

この「天空率」の計算は非常に難しく手間もかかるので、

一般の工務店で対応している会社はとても少ないと聞きます。

しかしラウムハウスでは、狭小住宅を設計する上では「天空率」の計算は必須と考えているので、

「限られた敷地に最大の空間を提案する」というコンセプトに基づき、

積極的に検証してご提案しています。  西部

DSC_0847_20210202160243_R

天空率比較図

DSC_0850_20210211135800

アクソメ図

K様邸の外観を自分で撮ってみました。

撮影当日の天気が悪くカメラマンに外観も撮ってはもらいましたが・・・・。

天気の良い日で撮っておいた方が外観は映えますので再度自分で撮影してみました。

カメラは中級者用を使いましたがプロのカメラマンに比べるとやはりいまいちです。

かなりの枚数を撮ったので色々選定してWEBに掲載したいと思います。

西部

DSC_0848_20210211135739

 

 

先日、構造見学会を催しました。

構造見学会は1か月ほど開催しますが、

見学される時期によって構造がすべて丸見えのときと、

断熱材の施工が終わって構造材が半分ほどしか見えない時期があります。

ダイナミックなSE構法構造をこころよくまで見学したい方は建前から2週間程度で、

吹付断熱施工後の構造と断熱を見学されたい方はそのあと2週間程度です。

構造も断熱も見学できるのは今週末までです!!

DSC_0846_20210202131351