天空率

最近ラウムハウスの狭小住宅では「天空率」を使って設計する事例が増えてきました。

天空率は道路斜線などを緩和するための処置ですが、

前面道路が狭く敷地も狭い場合で3階建ての住宅を建てる場合など使用すると、

建物空間や床面積が有効に使えます。

具体的な例で言うと、

狭小地に建ぺい率いっぱに建物を計画する際、「道路斜線」の制限で、

3階部分の部屋を小さくしたり、天井を低くしたりしなければいけない時に、

この「天空率」を計算して緩和を受けることで、

床面積を広くしたり天井を高くしたりすることが可能になるケースがあります。

この「天空率」の計算は非常に難しく手間もかかるので、

一般の工務店で対応している会社はとても少ないと聞きます。

しかしラウムハウスでは、狭小住宅を設計する上では「天空率」の計算は必須と考えているので、

「限られた敷地に最大の空間を提案する」というコンセプトに基づき、

積極的に検証してご提案しています。  西部

DSC_0847_20210202160243_R

天空率比較図

DSC_0850_20210211135800

アクソメ図