Monthly Archives: 10月 2015

1か月前に現在導入しているCADソフトの新バージョン体験セミナーに行ってきました。

そして8年ぶりにソフトのバージョンUPを決めました。

営業テクニックの無い私が他のハウスメーカーと勝負するため

空間を最大限に表現するプレゼンを強化するためです。

とにかくお客様にわかりやすい様にパースを描きまくります。

今回はお客様に見ていただく

CGも以前より良くなりARCHICADにつづきARTLNTISもにバージョンUPしました。

あとは空間設計に磨きをかけるぞ!!  お~!

ac19-box-cover

 

 

 

 

先日、久々に家族で温泉旅行(昼神温泉)にいきました。

以前から雑誌で見て行ってみたいと思った温泉旅館です。

食事もサービスも大変良かったのですが(特に食事は素晴らしかった)

建築に携わるものとして建物が細部にわったって

デザインされていたことに興味を引きました。

大正ロマンをコンセプトにデザインされていますが

中庭も建物に合ったデザインですごくよかったァ~。

回廊している中庭の写真を掲載します。

DSC_0072

DSC_0076

DSC_0093

 

 

 

 

 

 

 

 

モデルハウスではリビングから中庭につながる開口は

ワイドオープンと言うサッシを間口いっぱいに取り付けています。

通常の木構造だと開口部に耐力壁(筋違壁)を配置しなくては構造的には弱くなってしまいますが

耐力フレーム(SE構法)と言う構造柱を使い耐震等級3を取得しています。

sflame

 

 

 

 

 

リビングから中庭が開放的に繋がるのも耐力フレーム(SE構法)があっての空間です。

_MG_9649

 

 

 

最近モデルハウスの見どころを紹介するのをさぼっていましたが今週からまた始めます。

モデルハウスでは居室はすべて中庭へ視線を抜ける様にしています。

建蔽率に入らない中間領域を使って狭い住宅が実際の部屋面積より広く感じる様にしています。

一番広く感じるのはLDKで、

耐力フレーム構造を使用して間口いっぱいにワイドオープンサッシを設置していますので

広さも奥行も感じるのではないかと思います。

ダイニングから中庭を撮影した写真を掲載します。

_MG_9674