現場日記

中川区のK様邸の建て方をしました。

前面道路が2.6mと狭く今回も東京ビケさんの技術力を借りて上棟しました。

今回は初めて見る上棟システムで電動クレーンによる建て方になりコンパクトなのに

クレーンのブームが長いのには驚きしました結構奥まで届いて作業できます。

狭小地を得意とするラウムハウスとしては力強いみかたです。

工務 桐山

IMG_4706

中川区のK様邸の基礎工事で

今回柱脚金物が21か所(23台)といつもより多く、

耐力フレーム専用金物や通し柱用の特殊な金物もありセットが大変でしたが、

基礎工事のアンカーボルトの位置が毎回正確にだされいるのでスムーズに取付ができました。

やはり職人さんに良い仕事をしてもらうということは後の仕事に繋がってきますので、

建築というのは積み木の様なところもあるなと思いました。

 工務 桐山
IMG_3147

次回から使用する内装建具のショールーム(神谷)へ行ってきました。

今までの建具と納まりが違うので現場で実際使うときに戸惑わないように監督の桐山といしょに行って

モデルでしっかりと納まりを研究してきました。

DSC_0258

 

T様邸の足場がはずれました!

南向きの敷地ですがスクエアな建物でまったく窓がありません。

T様の希望の外観と聞いていますがシンプルでかっこいいです、

足場がはずれるとあと一息という感じですね、頑張ります。

工務 桐山

IMG_2970

 

先日多治見市T様邸の配筋検査を受けました。

問題無く検査合格しましたが毎度検査員には「すごい配筋ですね」といわれます。

自分も今回は特に(2階建ての住宅にしては)配筋が「ごつい」とあらためて思いました。

工務 桐山

img_2887img_2890

 

先日、多治見市のT様邸の地鎮祭を行いました。

いつも忙しくて参加できない現場監督の桐山が同席することが久々にできて良かったです、

挨拶廻りも施主といしょに弊社監督も廻り着工の準備が終わりました。

今週末に地盤補強工事に入っていきます。

dsc_0160

 

先月契約をさせていただきました多治見市(岐阜県)のT様邸の解体工事が始まりました。

解体前に立会をして工事は10日程度で完了する予定です。

dsc_0138

 

 

 

 

 

ラウムハウスを立ち上げて以来愛知県外で仕事をするのはこれが初めてですが

多治見は色々ご縁があって年に数回行きますので馴染みがあります。

オリベストリートと言う美濃焼の店が軒の並べる通りが近くにあり情緒がある良い街です。

honmachi1

 

 

中村区で建築中のM様邸が完成して引き渡し前の

立会をしていただきました。

ほとんど問題も無く予定どうり引き渡しできそうです。

完成してみると15坪の敷地に建っている住宅とは思えないような

解放感が2階LDKにはあります。

dsc_0137

M様邸の足場がはずれて今日はタイル屋さんと玄関タイル割り付けの打合せです。

外観はルーバー手摺を取り付けて内部はクロス工事に入っていきます、

狭小地で足場も狭く外壁工事の職人さんはやりずらかっただろうなァ~と思いますが

何とかきれいに貼れて良かったです。

あと1か月程度で完成です、最後まで緊張感を持ってがんっばります!

img_4397img_4392

 

 

 

小さな住宅の構造見学会を開催し数組のお客様に来場いただきました、

ありがとうございました。

来場されたお客様からは2階リビングの窓が大きいので

「明るいですね」、「広く感じますね」と言う感想をいただきました。

吹抜けを利用して冬期に部屋奥まで日差しが差し込む様に嵌め殺し窓を梁上に設置してます。

大きな窓開口をとって視線を外部に抜きそれでも耐震等級3で骨組構造(SE構造)は出来上がってます。

IMG_a0152